2012年6月27日水曜日

ニサンザイ古墳の堺市・宮内庁同時調査の実施について

堺市と宮内庁は、平成24年6月18日付けで、「東百舌鳥陵墓参考地(ニサンザイ古墳)調査に関する協定書」を締結し、この秋、同時調査を下記要領で実施することとなりましたので、お知らせいたします。

1.古墳名と所在地


ニサンザイ古墳

北区百舌鳥西之町3丁


2.調査概要

調査目的

宮内庁が実施する墳丘護岸工事に先立ち、堺市側の墳丘裾部の位置及び遺存状況を確認します。また、出土遺物より、ニサンザイ古墳の築造時期に関する知見を得ます。

調査期間

平成24年10月より平成25年3月(堺市・予定)

平成25年度も引き続き調査を行う予定(堺市のみ)

平成24年10月より12月(宮内庁・予定)

調査方法

濠内の墳丘裾部等に調査区を設定し、人力掘削等を行います。調査区数、位置等については宮内庁と協議のうえ決定します。

3.宮内庁との同時調査の意義

ニサンザイ古墳の墳丘は、「東百舌鳥陵墓参考地」として宮内庁により管理されており、護岸工事に先立つ事前調査を実施します。堺市は、同時に発掘調査を実施することにより、調査区の連続性が確保され、より多くの知見を得ることが可能になります

4.現地公開

堺市では、市民対象の現地見学会の開催を前提としていますが、調査成果が明らかでない現状では、仔細を決定することができません。調査成果等を十分に検討し、仔細が決定すれば、報道提供を行います。

以上



問い合わせ先
文化観光局 文化部 文化財課