2012年9月28日金曜日

2011年 百舌鳥八幡宮 ふとん太鼓 宮入 中百舌鳥町





大阪府堺市の百舌鳥八幡宮で毎年、中秋の名月に近い土日に行われる、秋祭り。
通称「月見祭」。
この月見祭には、百舌鳥八幡宮氏子地区九地区のふとん太鼓が宮入りします。
毎年土曜日の朝、赤畑町を宮入1番にして、(その他の地区は抽選で宮入順を決めます)陵南町、西之町、梅北町、土塔町、土師町、中百舌鳥町、本町、梅町(平成23年度の宮­入順)が順に百舌鳥八幡宮に宮入していきます。
宮入は各町、境内前を約1時間に渡り重いふとん太鼓を担ぎ続け、境内に設置された蔵に据え置きます。途中に階段などもあり観覧客を圧倒します。
(宮出も1時間の練が行われ、各町に帰っていきます。)

大阪の中でも盛大な祭りのひとつで、南大阪では岸和田のだんじり祭りと並んで有名です。