2012年10月30日火曜日

「市民の声」Q&Aまとめ◇給食◇

堺市ホームページの「市民の声」Q&Aにも、中学校給食に対する市民の方々の要望が公開されております。
まだまだございますが一部ご紹介させていただきます。

http://www.city.sakai.lg.jp/city/info/_shimin/group/gl391.html


安心・安全でおいしい「中学校給食」を自校式ですることを強く要望します
(受付日)平成24年8月13日
    
(市民の声)
安心・安全でおいしい「中学校給食」を自校式ですることを強く要望します。今年から市内全中学校にランチサポートが実施されていますが、1週間ごとに同じメニューのランチサポートでは、子どもたちの成長と育ち、そして学びの源泉を保障することにはなりません。堺市として「学校給食法」に定める学校教育としての食教育をすすめていく上で、一刻も早い「中学校給食」の実現をお願いします。
 義務教育で小学校は給食、中学校は家庭の“愛情弁当"とは矛盾していませんか。
    
(市の考え方)
現在、中学校の昼食については、従来から定着している家庭弁当の持参を基本としております。ランチサポート事業は、家庭弁当を持参できない場合の補完支援策として実施しております。その献立内容および栄養価等は、成長期である中学生の健康維持にも配慮し、栄養バランスのとれたものとしており、メニューについては、随時変更し、充実を図っております。
 なお、小学校では、給食において、食事についての基本的なマナーと献立や食材などに対する知識を食事の準備、会食、後片付けなどの一連の実践活動において身につけることができ、一方、中学校の家庭弁当では、体格や食事量など個人に応じた対応が可能であり、生徒自身が食の選択や栄養のバランスを考えるなど食の自立につながり、それぞれ意義があるものと考えております。


中学校給食を早く実施してください
(受付日)平成24年9月12日
    
(市民の声)
他の大阪府内で今後実施される、中学校給食を早く実施してください。堺市だけ遅れています。ランチサポート弁当は、朝たくさん並んでいて、申し込みたくても申し込みにくい現状です。
    
(市の考え方)
中学校の昼食については、従来から定着している家庭弁当の持参を基本としております。家庭弁当を持参できない場合については、その補完支援策として、ランチサポート事業を、市立中学校43校全校で実施しております。
 ランチサポート事業については、生徒の申し込みが円滑に行えるように申込用紙を簡素化し、また、申し込み数が多い学校については、業者従業員を複数名配置する等の対応を行い、改善を図っております。


中学校に給食を導入してください
(受付日)平成24年7月10日

(市民の声)
堺市の中学校に給食を導入してください。そのうえで給食か弁当を選べるようにしてください。    
     
(市の考え方)
中学校の昼食においては、体格・食事量など個人差に応じた対応が可能であることなどから定着している家庭弁当の持参を基本としております。就労形態など社会状況の変化により家庭弁当を持参できない場合については、その補完支援策として、安全性、栄養、価格等に配慮した弁当を提供するランチサポート事業を市立中学校43校全校で実施しております。


中学校で自校方式・完全給食を実施してください
(受付日)平成24年5月16日
    
(市民の声)
中学校給食の実施は、子育て世代の強い要望となっています。大阪府下でも形態は様々ですが、中学校給食の実施にむけて予算化している自治体が増え、社会の流れの中で子育て施策でも大変重要な意味をもっています。堺市では平成24年度「食に関する実態調査」を行うと聞いています。義務教育のひとつとして成長期の子どもの育成のために中学校で自校方式・完全給食を実施してください。
    
(市の考え方)
中学校の昼食については、従来から定着している家庭弁当の持参を基本としております。家庭弁当を持参できない場合については、その補完支援策として、ランチサポート事業を、市立中学校43校全校で実施しております。なお、衛生管理や献立内容、栄養価等についても本市で確認を行い、安全安心な昼食を提供しておりますので、ご理解ください。


安心できる中学校給食の実施を早急にお願いします
(受付日)平成24年5月16日
    
(市民の声)安心できる中学校給食の実施を早急にお願いします。今年から市内全中学校にランチサポートが実施されていますが、全生徒を対象にしたものでなく、食品衛生上・栄養の面で市がタッチできないものを子どもたちにすすめるのはどうかと思います。
    
(市の考え方)中学校の昼食については、従来から定着している家庭弁当の持参を基本としております。家庭弁当を持参できない場合については、その補完支援策として、ランチサポート事業を、市立中学校43校全校で実施しております。なお、衛生管理や献立内容、栄養価等についても本市で確認を行い、安全安心な昼食を提供しておりますので、ご理解ください。


中学校給食を実施してください
(受付日)平成24年5月9日
    
(市民の声)大阪府内の市町村で公立中学への給食導入が進められるようで、とても嬉しいニュースと思って読んでいたら、堺市は除外となっていました。
 他市町村ができて堺市では実施できないのですか。
    
(市の考え方)堺市の中学生の昼食は、家庭弁当を基本としておりますが、家庭弁当を持参することができない場合の補完支援策として、生徒や保護者が利用しやすいシステムで、栄養バランスが配慮された安全安心な昼食を有料で提供するランチサポート事業を実施しております。ランチサポート事業は、当日の朝に学校で申込みができ、メニューを曜日ごとに固定し、実施しております。
 平成23年度は21校で実施し、平成24年度は拡充して全校(43校)で実施しております。


中学校給食の実施を早急にお願いします
(受付日)平成24年2月6日
    
(市民の声)他市ではほとんどが実施されている中学校給食の実施を早急にお願いします。O157をいつまでもひきずって、中学校給食が実施できないのでいるのは、市民にとってたいへん不幸なことです。
    
(市の考え方)本市の中学校の昼食については、家庭弁当の持参を基本としておりますが、就労形態の多様化等により、家庭弁当を持参できない生徒が見受けられるようになってきました。このような状況の生徒への補完支援策としてのランチサポート事業を、市立中学校43校中21校で実施しております。
 今後、実施校の拡充を図りながら、中学生の昼食の環境づくりに取り組んでまいりたいと考えております。


中学校給食の実施をしてください
(受付日)平成24年2月3日
    
(市民の声)中学校給食の実施をしてください。堺市が現在行っているランチサポートはやめてください。成長期の子どもたちの義務教育としての中学校の食育を守る立場で自校方式・完全給食の実施を行うよう強く要望します。
    
(市の考え方)
堺市の中学校の昼食については、家庭弁当の持参を基本としておりますが、就労形態の多様化等により、家庭弁当を持参できない生徒が見受けられるようになってきました。このような状況の生徒への補完支援策としてのランチサポート事業を、市立中学校43校中21校で実施しております。
 今後、実施校の拡充を図りながら、中学生の昼食の環境づくりに取り組んでまいりたいと考えております。