2013年8月27日火曜日

サイクリングブームも「自転車レーン」わずか…改善急務

サイクリングブームも「自転車レーン」わずか…改善急務

産経新聞 8月27日(火)15時22分配信
 サイクリングブームで急速に自転車愛好家が増えた一方、国内の自転車道の整備は自転車先進国の欧米諸国に比べて遅れているのが現状だ。自転車台数の増加に伴い、歩行者と自転車の事故は10年間で約千件増加。国土交通省などは「交通安全上、道路の整備は急務」として自転車環境の改善に取り組んでいる。

 国交省の有識者会議によると、平成20年現在の国内の自転車保有台数は約6900万台と昭和40年(約2千万台)から大幅に増加。警察庁によると、平成23年の自転車と歩行者の交通事故は約2800件と13年(約1800件)からの10年間で1・5倍以上に増加しており、マナー向上とともに自転車環境の整備が急がれている。

 しかし、自転車のみが通行できる専用通行帯などの「自転車レーン」は約3千キロ(22年現在)と、国内道路約120万キロ(同)に対し0・25%にとどまる。国交省と警察庁は、20年に全国98カ所を自転車通行環境整備モデル地区に指定。オランダやドイツの都市を参考に、自転車レーンの設置や交通安全事業の支援などを推進している。

 大阪市でも今年9月初めまでに、中央区の本町通で御堂筋から堺筋までの約500メートルの車道両端(約1メートル)を自転車レーンとする初の試みに向けて取り組んでいる。堺市でも、24年12月から泉北高速鉄道深井駅から府立東百舌鳥高校までの約1・6キロの車道に自転車レーンを整備しており、今年10月までに完成する予定だ。

2013年8月25日日曜日

小谷家住宅が国の登録有形文化財に登録されました。 【堺市南区】

小谷家住宅主屋、正門、南門、土塀

登録区分
 登録有形文化財

説明

 小谷(こたに)家住宅は堺市南部の泉北丘陵中腹の小谷城跡南西隅に位置します。
 小谷家は鎌倉時代から続く地頭職の家柄で、小谷城を築き、「小谷殿」と称しました。室町時代末に、三好氏の軍勢に攻められ落城しましたが、小谷家の子孫はその後も城跡に邸宅を構え、江戸時代には豊田村の庄屋なども務めました。
 屋敷地は主屋(おもや)を中心とし、正門・南門を配し、周囲には土塀が巡らされ、いずれも良好な状態で保存されています。
 主屋は大和棟(やまとむね)形式の切妻造、桟瓦葺(さんがわらぶき)の木造平屋建の建物で、東には棟を一段下げた広い土間を、西寄りには式台玄関と格式のある座敷を構えます。重厚な軸部構成になり、造作も上質で、堺市内で稀少な江戸中期の大型民家です。なお、主屋は棟札によって、文化6年(1809年)に現在の姿に改築されていることが確認できます。
 正門と南門は長屋門形式で、主要な部材は欅(ケヤキ)を用い、格式のある外観を持ちます。また、特に正門は急勾配の石畳や漆喰壁の土塀と共に、山城を彷彿(ほうふつ)とさせるたたずまいがあります。
 ※ 内部は非公開のため、外観からの見学のみお願いします。

所在地

 堺市南区豊田1612

登録年月日

 平成25年6月21日

構造及び大きさ、建築年代

  • 主屋-木造平屋建 切妻造 瓦葺一部銅板葺、469平方メートル、江戸中期 / 文化6年(1809年)改築
  • 正門-木造平屋建 入母屋造 瓦葺 長屋門、68平方メートル、明治中期
  • 南門-木造平屋建 切妻造 瓦葺 長屋門、108平方メートル、明治中期
  • 土塀-漆喰壁 瓦葺、132メートル、明治中期

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
住所:〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

「障害者虐待防止 啓発セミナー」の開催について

「障害者虐待防止 啓発セミナー」の開催について

 
障害者への虐待を防止するには、一人ひとりが理解や関心を持ち、早期発見・早期対応することが大切です。
なぜ虐待が起こるのか、虐待を防止するために私たちはどのようにすればいいのかなどを考えるセミナーを開催します。

開催日時

平成25年10月20日(日曜)
13時30分~16時30分(開場13:00)

開催場所

堺市総合福祉会館 6階ホール
(堺市堺区南瓦町2-1)

内容

1部 関哉 直人さんによる講演
    「障害者虐待防止法施行1年と、障害者差別解消法施行に向けて」 
2部 パネルディスカッション
    「法施行を振り返って ~それぞれの立場から~ 」
         ファシリテーター 三田 優子(大阪府立大学准教授)
          助言者      関哉 直人(五百蔵洋一法律事務所 弁護士)
          パネラー     曽根 直樹(厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部
                            障害福祉課地域移行・障害児支援室
                            虐待防止専門官)
                    土屋 久美子(堺市視覚障害者福祉協会 理事)   
                     上原 美幸(堺市障害施策推進課)
参加費無料。直接会場にお越しください。
手話通訳、要約筆記あり。
PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 障害福祉部 障害施策推進課
電話:072-228-7818 ファックス:072-228-8918
住所:〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館7階

2013年8月19日月曜日

児童に提供した1食分の給食の放射性物質の検査結果を公表【学校給食用食材の安全確認・堺市】


学校給食用食材の安全確認

 本市では、子どもたちへの安全安心な学校給食の提供のために、食品衛生法等により安全性が確保された食材を使用しており、また食品検査(細菌検査等)も行っております。
 東日本大震災に伴い発生した東京電力福島原子力発電所事故に関連して、食品の安全性については、厚生労働省の指導に基づき、各都道府県によって検査・管理が徹底されており、基準を超える放射性物質が検出された食品は出荷を停止される(出荷制限)措置が講じられるため、一般に流通することはありません。
 現在、本市では、「出荷制限」等、国の対応あるいは動きを注視し、常に情報収集を行っております。
平成25年度は、下記の対応を行ってまいります。
  • 野菜や牛乳などの生鮮品については、国の情報に基づき、出荷制限及び出荷自粛のかかっている産地のものがないかの確認を引き続き行ってまいります。
  • 震災以後、出荷制限されたことのある産地の農産物が納品される場合には、事前に放射性物質の検査を行います(検査については、平成24年度より、公益財団法人堺市学校給食協会で行っております)。
  • 平成24年11月26日(月曜)から市立小・支援学校で実際に児童に提供した1食分の給食の放射性物質の検査を次のとおり行っております。
1.検査対象:提供した学校給食1食分の1週間分(原則月曜日から金曜日までの5日分)
 各献立区域で検査対象校1校を決め、原則毎週1校ずつ実施
 対象校1校での結果は対象校が所属する献立区域の結果となります。
2.検査方法:ゲルマニウム半導体検出器ガンマ線スペクトロメトリーによる測定
3.検査項目:セシウム134、セシウム137
4.検査結果については、ホームページに公表します。
 
 今後も、関係各機関等と連携して、情報収集を行い、安全安心な学校給食を実施してまいります。

学校給食で使用する食品の放射性物質検査

参考リンク先

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページの作成担当

教育委員会事務局 学校管理部 保健給食課
電話:072-228-7489 ファックス:072-228-7256
住所:〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館11階

2013年8月15日木曜日

北区ボランティアフェステバルを開催します「堺市北区役所からのおしらせ」

北区ボランティアフェステバルを開催します

 北区でも多くの仲間が様々なボランティア活動をいきいきと行っています。
 そんな様子を少しでも多くの方に知っていだきたいと、北区ボランティアフェスティバルを開催します。

開催日時

平成25年8月24日(土曜) 10:00~16:00

開催場所

北区役所1階エントランスホール
北区区民活動支援コーナー(新金岡市民センター2階)

イベント詳細

問合せ

堺市社会福祉協議会北区事務所

電話:072-258-4700 ファックス:072-258-4770
住所:〒591-8021 堺市北区新金岡町5丁1-4 北区役所1階

北区区民活動支援コーナー

電話:072-258-3911 ファックス:072-258-3911
住所:〒591-8021 堺市北区新金岡町4丁1-8 新金岡市民センター2階
PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページの作成担当

北区役所 企画総務課
電話:072-258-6706 ファックス:072-258-6817
住所:〒591-8021 堺市北区新金岡町5丁1-4

2013年8月14日水曜日

今年も行われますます!【平成25年9月5日午前11時『大阪880万人訓練』を実施します。】

平成25年9月5日 11時  大阪880万人訓練を実施します。

大阪880万人訓練 ロゴ
身を守る

 東日本大震災の際、生死を大きく分けたのは地震直後の判断と行動でした。市民一人ひとりが日頃から様々な災害の場面を想定し、必要な準備をした上で、いざという時にとっさに行動ができるよう、大阪府全域を対象に一斉防災訓練を実施します。

●訓練前にすること
   地震発生時にどのような行動をするかを考えておく
●訓練当日
   考えておいた命を守る行動をする
●訓練後
   地震発生時に命を守る行動ができるか再確認する

実施日時

 平成25年9月5日(木曜)、午前11時

訓練開始の合図

 防災行政無線の屋外スピーカーや緊急速報メール等で一斉に訓練開始の合図を流します。また、11時11分に津波情報を第2報として携帯電話の緊急速報メール等にて発信します。
携帯電話は、マナーモードでも鳴動します。電源を切っておくと鳴動しません。
携帯電話の対応機種など詳しくは、携帯電話各社でご確認ください。

訓練内容

 災害から命を守るのは自分。いざという時にきちんと行動できるよう、日頃の備えや災害発生時の行動について家族や学校、職場で話し合い、当日は身の安全を図る(机の下などに潜り込む、頭を防護する)など、その場でできる簡単な訓練行動等を行ってみましょう。
エリアメール(NTT-docomo)/緊急速報メール(au, Softbank)について
訓練当日、大阪府内にある携帯電話に訓練として発信する「訓練情報」は、携帯電話会社のエリアメール/緊急速報メールサービスの『災害・避難情報』を利用します。
『災害・避難情報』とは、携帯電話会社が提供している防災情報の無料の配信サービスで、携帯電話会社によって名称が異なります。エリアメール/緊急速報メール対応の携帯電話機種によっては、設定をしていただく必要があります。また、対応機種については各携帯電話会社ホームページでご確認ください。
『災害・避難情報』を受信した端末は、通話中か電源オフでない限り、マナーモードにしていても強制的に鳴動します。授業中や会議中、式典中、映画館、図書館など、携帯電話が鳴ってはいけない場合はあらかじめ電源を切っておいてください。
『災害・避難情報』を受信するときの通信料は無料です。大阪府域を対象に『災害・避難情報』を配信しますが、他府県との境界付近にある端末は、大阪府外でも鳴動することがあります。
 また、自動車運転中の方は緊急速報メール・エリアメールがなっても運転に専念していただき危険ですので携帯電話の操作は絶対にしないでください。

このページの作成担当

危機管理室
電話:072-228-7605 ファックス:072-222-7339
住所:〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館3階

2013年8月10日土曜日

堺市博物館体験学習会の実施様子をアップしました!「堺市」

体験学習会 わくわく!どきどき!

 体験学習会は、博物館の人といっしょに、資料をみて、さわって、つくって、楽しむ参加体験型の行事です。さあみんなで参加しましょう!!
ページの下にある「応募方法」をご確認のうえ、ご応募ください!

勾玉まがたまをつくろう(2) 【8月24日(土曜)】 参加者募集!

  • 内容:古代人のアクセサリー、勾玉。展示場で本物の勾玉を見た後、今度は自分だけの勾玉づくりに挑戦しましょう。
  • 日時:平成25年8月24日(土曜) 午前)10時から12時まで
                         午後)2時から4時まで
  • 場所:堺市博物館 地階 博物館ホール(旧視聴覚室)
  • 定員:小中学生とその保護者 午前・午後、各15組30人
  • 参加費等:250円(材料費1セット)、入館料は無料
  • 持ち物:雑巾、マスク
  • 受付開始日:平成25年8月1日(木曜)午前9時半から(先着順)
  • 応募方法:電話・ファックス・電子メールでお申し込みください。開催日、体験学習会名、参加者名(こどもと保護者両方)、学校名、学年、連絡先(電話番号)、希望時間帯(午前・午後)を必ずご記入ください(電話の場合はお知らせください。)。

ダンボールで仁徳天皇陵古墳にんとくてんのうりょうこふんをつくろう(2) 【8月18日(日曜)】定員に達しました!

  • 内容:平面積では世界一のお墓、仁徳天皇陵古墳。古墳の説明を聞いた後、ダンボールを切り抜いて2000分の1の模型を作ってみましょう。
  • 日時:平成25年8月18日(日曜) 午後12時半から4時半まで
  • 場所:堺市博物館 地階 博物館ホール(旧視聴覚室)
  • 定員:小中学生とその保護者 20組40人
  • 参加費等:450円(材料費1セット)、入館料は無料
  • 持ち物:はさみ、カッターナイフ、鉛筆、赤鉛筆、30センチメートル定規、タオル
  • 受付開始日:平成25年7月25日(木曜)午前9時半から(先着順)
  • 応募方法:電話、ファックス、電子メールでお申し込みください。開催日、体験学習会名、参加者名(こどもと保護者両方)、学校名、学年、連絡先(電話番号)を必ずご記入ください(電話の場合はお知らせください。)。

堺歴史ジグソーパズルをつくろう 【8月3日(土曜)】 終了!

概要

  • 内容:博物館には堺の歴史に関わるものがいっぱい。古墳に、はにわに、南蛮船に…展示場を見ながら、堺の歴史に関わるものを自由に描いて、パズルを完成させましょう。
  • 日時:平成25年8月3日(土曜) 午後1時から4時半まで
  • 場所:堺市博物館 地階 博物館ホール(旧視聴覚室)
  • 定員:小中学生とその保護者 15組30人
  • 参加費等:材料費 パズル大(60ピース) 440円
                 パズル小(36ピース) 400円 入館料は無料

ご報告

 今回も子ども24人、保護者13人とたくさんの参加がありました。みなさん自分の好きな図柄のパズルを完成させました。
  • まず、博物館の展示品を解説した上で作品づくりをするので、子ども達に歴史的な子とがわかった上での製作だったので、とても良かった。
  • 自分で作ったパズルで遊べるのはとても楽しみです。
    というみなさんの感想でした。

ダンボールで仁徳天皇陵古墳にんとくてんのうりょうこふんをつくろう(1)【7月27日(土曜)】 【終了】

概要

  • 内容:平面積では世界一のお墓、仁徳天皇陵古墳。古墳の説明を聞いた後、ダンボールを切り抜いて2000分の1の模型を作ってみましょう。
  • 日時:平成25年7月27日(土曜) 午後1時から4時半まで
  • 場所:堺市博物館 地階 博物館ホール(旧視聴覚室)
  • 定員:小中学生とその保護者 20組40人
  • 参加費等:450円(材料費1セット)、入館料は無料

ご報告

 今回の体験学習会は子ども23人、保護者19人という定員に上回った参加がありました。
  • 社会科の授業といいタイミングでよかった。
  • どんどん立体的に完成されていくのを見て、親子ともども楽しかった。
  • 子どもが夢中になって製作していたので、とても良かった。
というみなさんの感想でした。

勾玉(まがたま)をつくろう(1) 【終了】

概要

  • 内容:古代人のアクセサリー、勾玉。展示場で本物の勾玉を見た後、今度は自分だけの勾玉づくりに挑戦しよう。
  • 日時:平成25年7月21日(日曜)午前)10時から12時
                         午後)2時から4時
  • 場所:堺市博物館 地階 博物館ホール(旧視聴覚室)
  • 定員:小中学生とその保護者 午前・午後、各15組30人
  • 参加費等:250円(材料費1セット)、入館料は無料

ご報告

 午前、午後の2回に分けて実施しました勾玉づくり。参加者のみなさんはとても楽しく、真剣に製作されていました。ただ作るだけではなく、勾玉の歴史も知り、自分だけのオリジナルな勾玉が出来上がり、とてもうれしかったという感想を寄せていただきました。

お茶室たんけん!(1)抹茶をいただきましょう  【終了】

概要

  • 内容:お茶室ってどんなとこ?いろんな秘密があるって知ってた??探検した後は、おいしいお菓子と抹茶で大満足。
  • 日時:平成25年5月18日(土曜) 午前)10時から11時30分
                          午後)1時から2時30分
  • 場所:堺市博物館 茶室「黄梅庵」「伸庵」
  • 定員:小中学生とその保護者 午前・午後、各4組8人(応募多数は抽選)
  • 参加費:一人500円(お茶とお菓子代)。入館料は無料。

ご報告

 13人の参加者が、伸庵の茶室で抹茶をいただきました。参加された方は、お庭の様子やお茶室の造りがよくわかった、にじり口への入り方がよくわかったなど感想を話され、みなさんよくよろこんでおられました。

子どもの日 クイズ大会 古墳時代の服を着てみよう  【終了】

概要

  • 内容:こどもの日は博物館でクイズ大会!に参加して、古墳時代の服、胡服(こふく)を着てみよう。これで、君も古墳時代へタイムスリップできるかも!?
  • 日時:平成25年5月5日(日曜)午前10時から12時
                        午後1時から3時
  • 場所:堺市博物館 1階ロビーほか
  • 定員:小中学生とその保護者 50人(当日先着順、随時)
  • 参加費等:参加費、入館料ともに無料

ご報告

 五月晴れの天気に恵まれ、クイズ大会には263人、「古墳時代の服を着てみよう」には69人の参加者がありました。「クイズ大会」ではほとんどのこども達がクイズに正解し、参加賞をもらって、満足した様子でした。
 「古墳時代の服をきてみよう」では、ひょっとすると生涯一度しか経験することがない体験に、おとなもこどもも少し緊張したようすで、チャレンジされていました。

応募方法

下記要領でお申し込みください。
  1. 受付開始日の午前9時30分より、堺市博物館「体験学習会係」へお申し込みください。
    「お茶室たんけん!」は往復はがきで、その他は電話、FAX、メールで受け付けます。※ 受付開始日の午前9時30分より前に申し込むことはできません。
  2. 記入必要事項
    開催日、体験学習会名、参加者名、学校名、学年、連絡先*「お茶室たんけん!」と「勾玉をつくろう」は希望時間帯(午前、午後)もご記入ください。例)第一希望:午前/第二希望:午後
  3. 各体験学習会とも申込受付順です。定員になり次第、締め切りとさせていただきます。但し、「お茶室たんけん!」は申込受付順ではありません。応募多数の場合は抽選となります。
  4. 体験学習会実施にあたり収集しました個人情報は、本体験学習会に関する目的以外では使用いたしません。

問い合わせ先

堺市博物館
  • 電話:072-245-6201
  • ファックス:072-245-6263
  • 電子メール
  • 住所:〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内
  • 交通:JR阪和線「百舌鳥」駅下車 約500メートル
        南海バス「堺市博物館前」下車 約280メートル
PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課
電話:072-245-6201 ファックス:072-245-6263
住所:〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内