2013年11月30日土曜日

12月は年末の交通事故防止運動月間です。

12月は年末の交通事故防止運動月間です

 「交通事故をなくす運動」堺市推進協議会では、交通事故が多発する傾向にある年末に、「反射材 あなたを守る プロテクター」「前照灯 今点けて! まだ明るいは もう暗い」「気を付けて! あおになっても 右左」をスローガンに、次のことを運動の重点として啓発活動を行います。
 一人ひとりが交通ルールを守り、正しい交通マナーの実践を習慣づけ、誰もが安心して通行できる交通環境をみんなでつくりましょう。

運動の重点

「薄暮時間帯における交通事故防止」
「自転車利用時のマナーアップ推進」
「飲酒運転の根絶」
「交差点における交通事故防止」

薄暮時間帯における交通事故防止

 平成24年の大阪府内における交通事故発生状況は、10月から12月までの交通事故死者数は62人となり、年間死者数の182人に占める割合は34.1パーセントとなります。16時から20時までの夕暮れ時の交通事故死者数は10人となり、全死者数に占める割合は16.1パーセントとなります。
 また、平成24年中の10月から12月の夕暮れ時の16時から20時における交通事故発生状況をみると、交通事故件数は3,791件となり全体の28.4パーセント、交通事故負傷者数は4,574件となり全体の28.7パーセントです。このように薄暮時間帯において交通事故が高い割合で発生しています。(平成24年 大阪府警察調べ)

自転車利用時のマナーアップ推進

 本年9月末における、大阪府内での自転車関連事故状況は、自転車関連事故件数は10,624件、負傷者数は10,661人となりいずれも昨年に比べ減少していますが、死者数は31人となり2人増加しています。
 また、本年9月末現在の大阪府内での自転車関連事故件数は、全事故件数に占める割合は31.6パーセントで昨年の同時期と比べ減少はしていますが、依然として高い割合となっています。(平成25年9月末 大阪府警察調べ)
 自転車も事故を起こせば重大な責任を問われます。事故の相手方に後遺傷害を負わせた結果、多額の損害賠償が課せられたという事例もあります。
 自転車が道路上の凶器とならないよう、交通ルールやマナーを守り、「歩行者優先」安全通行を実践しましょう。

自転車安全利用五則

1.自転車は、車道が原則、歩道は例外                                      2.車道は左側を通行                                              3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

●「普通自転車」は、「歩道通行可」の標識や道路標示がある歩道を通ることができます。ただし、標識や道路標示がない歩道でも、以下の場合は通ることができます。
・13歳未満の子どもや70歳以上の人が運転する場合
・車道通行に支障のある身体に障害のある人が運転する場合
・車道で道路工事をしている、車道の幅が狭い等車道通行が危険な場合
●歩道では、道路標示で指定されている部分を通行しなければなりません。道路標示がないときは、歩道の中央から車道寄りの部分を通行します。
すぐ停止できるようなゆっくりとした速度で進行し、歩行者の通行を妨げるおそれがあるときは、必ず一時停止します。
歩行者の通行が多いときは、自転車を押して歩きましょう。

4.安全ルールを守る

●飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
・自転車も酒気を帯びて運転することは法律で禁止されています。酒に酔った状態で自転車を運転すれば「酒酔い運転」として処罰されます。
・自転車の二人乗りは、バランスをくずしやすくなるなど危険ですので、絶対にやめましょう。
ただし、公安委員会規則により、16歳以上の人が幼児用座席に6歳未満の幼児1人を乗せることは認められています。
また、一定の要件を満たした安全な自転車に限っては、幼児用座席で幼児2人を同乗させる「3人乗り」も認められています。
・自転車は横に並んで通行することはできません。歩行者の進行の妨げとなり、危険です。
●夜間はライトを点灯
夜間は、自転車もライトをつける義務があります。ライトをつけないで通行していると、車の運転者から発見されにくくなり危険です。前輪と後輪のスポークにも反射器材をつけましょう。
 
●交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
・近くに「自転車横断帯」があるときは、その「自転車横断帯」を通行しなければなりません。「自転車横断帯」がないところでは、横断歩道を通ることができますが、横断中の歩行者が多いときなどは、自転車からおり、自転車をおして歩きましょう。

5.子どもはヘルメットを着用

13歳未満の子どもが自転車を運転するときや、幼児用座席に幼児を乗せるときは、必ず乗車用ヘルメットをかぶらせましょう。

飲酒運転の根絶

 本年9月末における、大阪府下での飲酒運転による交通事故状況は、事故件数は179件、事故死者数は10人といずれも昨年に比べ増加しており、根絶とはほど遠い状況となっています。(平成25年9月末 大阪府警察調べ)
 飲酒運転とは、一般的にお酒を飲んで車両等を運転する行為ですが、アルコールを含んだ飲食物を摂取したり、二日酔いの状態であっても、体内にアルコールを保有する状態で運転をすれば飲酒運転となります。前日、深夜遅くまで飲酒し早朝から運転をして、酒気帯び運転として検挙された例も少なくありません。
 アルコールは、血液とともに体内を循環し、脳を麻痺させることにより身体的機能が低下するなどの変化として現れます。情報処理能力、注意力、判断力等が低下して、気が大きくなり速度超過などの危険な運転をする、車間距離の判断を誤る、危険を察知しても反応時間が遅くなるなどにより、重大交通事故を起こす可能性が高くなります。
 飲酒運転は、極めて悪質・危険な犯罪です。運転者本人だけでなく、同乗者や飲酒を勧めた同席者、酒類を提供した店、また飲酒運転をする恐れがあると知りながら車両を提供した者等にも厳しい罰則が設けられています。
 「飲酒量が少ないから大丈夫、自分だけは事故は起こさない。」といった安易な判断、過信は禁物です。自動車で飲食店などに行き、飲酒する場合、仲間同士や飲食店の協力を得て、仲間同士で飲まない人(ハンドルキーパー)を決め、その人が仲間を安全に自宅まで送りとどけるなど、一人ひとりが、「飲酒運転は絶対にしない、させない」ことを徹底し、飲酒運転の根絶を図りましょう。

交差点における交通事故防止

 本年9月末における、大阪府下での道路形状別死者数をみると、交差点内での死者数が59人と最も多く、交差点付近の28人を含めると、全死者数131人の66.4パーセントを占めています。状態別でみると、二輪乗車中が21人と最も多く、交差点内での死者数全体の59人うち35.6パーセントを占めています。また、歩行中の15人と自転車乗車中の17人を合わせた死者数は全体の54.8%を占めています。
 また、昨年と比べると二輪車の死者数が6人増加しています。(平成25年9月末 大阪府警察調べ)
 歩行者、自転車の皆さんは、交差点では必ず左右の確認をし、信号無視や無理な横断はやめましょう。
 ドライバーの皆さんは、交差点に近づいたら速度を落とし、しっかりと安全確認をしましょう。また、交差点を直進する際は、対向車の動きに十分注意し、左折時には、歩行者の動き、二輪車の巻き込みに十分注意しましょう。

問い合わせ

このページの作成担当

建設局 土木部 土木監理課
電話:072-228-7416 ファックス:072-228-3964
住所:〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館18階

第4回百舌鳥古墳群講演会の参加者を募集します。


第4回百舌鳥古墳群講演会の開催案内と参加者募集

 本市では、第4回百舌鳥(もず)古墳群講演会 『巨大古墳あらわる~履中(りちゅう)天皇陵古墳を考える~』を開催します。
 百舌鳥古墳群で初めて築かれた巨大古墳・履中天皇陵古墳について、墳丘規格や陪塚(ばいちょう)の調査結果、出土した埴輪(はにわ)などから考えます。

日時

 平成26年2月2日(日曜) 午前10時~午後4時50分

会場

 公益財団法人 堺市産業振興センター イベントホール
  堺市北区長曽根(ながそね)町183-5

アクセス

  • 南海高野線・泉北高速鉄道 「中百舌鳥」駅から約300メートル
  • 大阪市営地下鉄御堂筋線 「なかもず」駅から約300メートル
※会場へは公共交通機関をご利用の上、お越しください。

参加費

 無料

定員

 先着800人 (申し込み必要)

内容

講演

 ・古谷 毅 (ふるや たけし) さん (東京国立博物館 主任研究員)
    「中小古墳と大型古墳‐再整理からみた七観(しちかん)古墳の歴史的位置‐」
 ・高橋克壽 (たかはし かつひさ) さん (花園大学文学部文化遺産学科 教授)
    「護(まも)る埴輪から見せる埴輪へ‐履中天皇陵古墳の形象(けいしょう)埴輪‐」
 ・新納  泉 (にいろ いずみ) さん (岡山大学大学院社会文化研究科 教授)
    「履中天皇陵古墳と吉備(きび)の巨墳」
 ・白石太一郎 (しらいし たいちろう) さん (大阪府立近つ飛鳥博物館 館長)
    「百舌鳥・古市古墳群における履中天皇陵古墳の位置」

報告

 ・文化財課職員  「寺山南山古墳の調査成果」

申し込み方法

  • 平成25年12月2日(月曜)から往復はがきで、下記のあて先までお申し込みください。
  • 往復はがき1枚につき、4人まで申し込み可能です。
  • 往復はがきの「往信裏面」に申し込み者の住所、氏名、電話・ファックス番号 (4人で申し込まれる場合は4人とも) を、「返信表面」に返送先の郵便番号、住所、氏名をお書きください。
  • あて先は 〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142 堺市文化財課分室

問い合わせ先

 堺市文化財課分室
   電話 072-273-6101 ・ ファックス 072-273-5984

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
住所:〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

2013年11月25日月曜日

ふれあいフェア2013を開催します。【堺市・市民人権局よりお知らせ】

ふれあいフェア2013

12月1日(日曜日)午前10時から午後4時まで開催します。

“人権の輪を広げよう”をテーマに今年は12月1日(日曜日)に開催します。
 「ふれあいフェア2013」は、同和問題をはじめあらゆる人権問題について、一人ひとりの共通の課題として理解を深めていただくために開催します。
堺市立人権ふれあいセンター地図はこちらへ(堺市e-地図帳)

2階ちぬが丘大ホール

ふれあい発表会

午前10時から正午まで
小学校、交流講座、堺識字・多文化共生学級などの発表
(入場無料・手話通訳あります。)

「音楽と語り」~みんなでつながろう幸せコンサート~

午後2時から4時まで(開場午後1時30分)
花れん&扇谷研人 with Unlimited tone
澄んだ美声で感動を呼ぶシンガーソングライター花れん(かれん)と、
美しさと力強さを合わせ持つピアニスト扇谷研人(おおぎやけんと)、
そして関西出身の実力派男性コーラスユニットUnlimited tone(アンリミテッドトーン)、
4人が届けるハッピーなハーモニーでみんなが笑顔になれる楽しいステージです!
(手話通訳、要約筆記があります。)
  • 出演者のホームページ
花れん(外部リンク)
扇谷研人(外部リンク)

人権ふれあいセンター

7階 舳松人権歴史館

午前10時から午後4時まで
「企画展」舳松の人権教育

6階 図書ホール「人権ブックフェア」

午前10時から午後4時まで

6階 視聴覚室「本のリサイクルフェア」

正午から午後2時まで

ちぬが丘スポーツセンター

「作品展示」

午前10時から午後4時まで
交流講座、堺識字・多文化共生学級、小学校などの作品
啓発パネル「写真集 舳松」など

体験コーナー

正午から午後3時まで
体験コーナー
体力診断コーナー無料 
茶席250円先着70人
てぶくろカエル
300円
先着40人
ふわふわ子犬300円
先着20人
カッププリザーブド500円
先着40人
ちぬが丘スポーツセンター地図はこちらへ(堺市e-地図帳)

2階 デッキ

「ふれあい広場」

正午から午後3時まで
うまいもんコーナー(おでんなど)、バザー他

このページの作成担当

市民人権局 人権ふれあいセンター 管理課
電話:072-245-2525 ファックス:072-245-2535
住所:〒590-0822 堺市堺区協和町2丁61-1

乳幼児健康診査お知らせ封筒掲載広告を募集します

母子保健事業にかかる広告募集

市では、母子保健事業に係る配布物等を広告媒体として提供する「母子保健事業広告媒体取扱事業」を通じて、新たな財源を確保し、母子保健事業に係る市民サービスの向上を図ります。

募集中の広告

関係規定集

様式ダウンロード(PDFファイル)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページの作成担当

子ども青少年局 子ども青少年育成部 子ども育成課
電話:(育成係・子ども保健係)072-228-7612、(青少年係)072-228-7457 ファックス:072-228-8341
住所:〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館8階

公的機関を装った還付金詐欺にご注意ください「堺市からのお知らせ」

公的機関を装った還付金詐欺にご注意ください

堺市内において、市役所等の職員を名乗り、「過去5年分の払い過ぎた医療費を還付するので、口座番号と住所等を教えて下さい。」といった不審電話が、高齢者を対象に多数発生しています。
北区内でも9月以降、十件近く問合せが寄せられています。区役所から電話による還付金の案内は、一切しておりません。
振り込め詐欺が目的の場合があるので、その場の指示には従わず、区役所保険年金課や最寄りの警察等にご確認ください。

このページの作成担当

北区役所 保険年金課
電話:072-258-6743 ファックス:072-258-6894
住所:〒591-8021 堺市北区新金岡町5丁1-4

2013年11月24日日曜日

第38回 堺市農業祭に行ってきました! 11月23日 大仙公園催し広場にて

 大仙公園で行われた堺市農業祭に行ってきました!
良いお天気に恵まれたくさんの人でにぎわっていました。

 さっそくお正月用の葉牡丹を発見しました。
さすが安いなぁ~




都道府県の名物などが大集合です^o^




いろいろ買ってしまうので歩くたびに荷物が増えます^o^;







JA堺市のキャラクター「コメルくん」登場!
名付け親は10歳の女の子らしいでーす♪




ハーベストの丘のみのりちゃんと(^○^)
美味しそうなハムとベーコン買いましたよ






緑化センター前の道路にはポピアンの旗が…

前からあったんかなぁ




全国各地の特産物が買えて
おいしいものが食べられて
ポピアンやコメルくんにも会えるナイスなイベント^^

今回、逃してしまった皆さん!
来年もチャンスはあります^^
ぜひ「堺市農業祭」足を運んでみてください^^

2013年11月23日土曜日

石津太神社(堺市西区)の「やっさいほっさい」を堺市指定無形民俗文化財に指定しました!


石津太神社のやっさいほっさい

指定区分
 堺市指定無形民俗文化財

説明

 石津太(いわつた)神社のやっさいほっさいは、毎年12月14日、西区浜寺石津町中4丁の石津太神社で行われます。この地に漂着した蛭子命(ひるこのみこと)を村人が助けあげ、火を焚(た)いて体を暖めたという故事にもとづくものとされています。神木を積み上げた「とんと」に火をつけ、村人から選ばれた「戎(えびす)さん」が担(かつ)ぎ上げられ、「やっさいほっさい」の掛け声とともに火渡りを行ないます。エビス信仰と修験道が融合した特殊な内容は、まさに「泉州の奇祭」の名にふさわしく、その信仰的背景が注目される民俗文化財として大変価値が高いとして評価を受けています。
火渡りの様子
火渡りの様子
※今年も12月14日(土曜) 午後8時~9時に やっさいほっさい が執り行われます。

指定年月日

 平成25年11月20日

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
住所:〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

2013年11月22日金曜日

堺市文化観光拠点の愛称を募集します。


「堺市文化観光拠点」の愛称募集

1.趣旨

本市は、堺の特色ある歴史文化を広く発信し観光集客に資するため、千利休・与謝野晶子をテーマとする文化施設や堺観光の玄関口となる観光案内施設及び大型バスの駐車区画も備えた駐車場で構成される公共施設(「堺市立歴史文化にぎわいプラザ」)、民間事業者が飲食などを提供する来訪者サービス施設(湯葉と豆腐の店 梅の花・スターバックスコーヒー)を一体的に整備し、まちの賑わい創出と地域経済の活性化、都市魅力の向上を図る「堺市文化観光拠点」の平成27年3月の開設をめざしています。
この「堺市文化観光拠点」が持つ特徴・機能・魅力をPRするとともに、本施設を多くの人に親しみや愛着を持っていただける施設にするため、「堺市文化観光拠点」全体の愛称について、市民のみなさまをはじめ、広く全国から公募します。
応募フォームへのリンク
応募フォームからの応募はこちらのボタンをクリック

2.「堺市文化観光拠点」概要

【堺市文化観光拠点 完成イメージ】
【堺市文化観光拠点 完成イメージ】

3.応募内容

「堺市文化観光拠点全体の愛称」
  • 堺市文化観光拠点の特徴がイメージでき、音の響きも良く、親しみやすく覚えやすい、宣伝力のある愛称を期待しています。

4.応募に関する注意事項

  • 「梅の花」「スターバックスコーヒー」の名称を直接的に用いないでください。
  • 1人につき何点でも応募可能ですが、同名作品は1点とします。
  • 応募作品は自作で未発表のものに限り、すでに商標登録されているものは除きます。
  • 応募作品は返却しません。
  • 入賞者の氏名は公表させていただきます。
  • 郵送などによる作品の紛失について、堺市は責任を負いません。
  • 応募者の個人情報は、本件以外の目的には使用せず、厳正に管理します。

5.応募資格

  • 堺市内、堺市外を問わず、どなたでも応募可能です。
  • 個人、グループの別を問いません。

6.応募方法

次の必要事項を記入の上、持参、はがき、封書、FAXまたは電子メールで下記宛先までご応募ください。下記応募フォームからの応募も可能です。

【必要事項】

(1)住所、氏名(ふりがな)、電話番号
(2)愛称(ふりがな含む)
(3)愛称の説明(100文字程度)

【宛先】

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3-1 観光企画課 宛
FAX:072-228-7342  電子メール:kankou@city.sakai.lg.jp
応募フォームへのリンク
応募フォームからの応募はこちらのボタンをクリック

7.募集期間

平成25年12月1日(日曜)~平成26年1月10日(金曜)

8.選考方法・選考基準

愛称選考委員会において、堺市文化観光拠点の特徴やコンセプトをイメージできることや、親しみやすさ、覚えやすさ等の観点から選考を行い採用候補を選定し、市長が決定します。
※採用作品の応募者が多数の場合は、抽選で1人に決定します。

9.選考結果の発表

  • 採用作品の応募者には、直接通知します。
  • 採用作品、及び、応募者の氏名については、堺市ホームページ、堺観光コンベンション協会ホームページ、広報さかいなどに掲載するとともに、報道提供を行います。

10.記念品

採用作品の応募者に5万円相当の記念品(堺市の伝統産品を予定)を贈呈します。

11.採用作品について

  • 採用作品に関する一切の権利は、堺市に帰属します。
  • 採用作品の一部を修正・補作する場合があります。

このページの作成担当

文化観光局 観光部 観光企画課
電話:072-228-7493 ファックス:072-228-7342
住所:〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館2階